【竜操教室 塾長日記】たとえ1点でも、採点ミスは申告すべき!

テストの採点作業って結構大変です。


1クラス30人としても、それを4クラス、5クラスと受け持っていたら、相当な数です。


先生は人間だから、時には採点ミスだって起きるでしょう。


塾長だって、ダブルチェックとか、できる範囲でミス防止はしてますけどね、100%防ぐのはやっぱり無理です。


だからこそ、返却された答案用紙の点数を見るときには、必ず自分でも採点をしてみてほしいのです。


そして、たとえ1点でも2点でもミスがあれば、それはちゃんと申告して修正してもらうべきものです。


定期テストの点数は、公式記録ですからね。


もしかすると、そのたった1点の差で5段階評定が変わるかもしれません。


そうでなくても、自分の得点ですから、もっともっと興味をもって、プライドももってほしいのです。


でも、30点が31点に変わったって、何も変わらんし!


そんな気持ちの持ちようだから、そんな結果になるんです。


たとえ1点でも、そこにプライドを持つからこそ、次につながる。


そう思って、堂々と修正してもらいましょう。


先生は、そういう意識のところも見ているものですよ。

令和元年度の漢検の日程は以下の通りです。

第1回  6月16日(日)・・・・申込受付中です。

第2回 10月20日(日)

第3回  2月16日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000