【竜操教室 塾長日記】テストの結果が返却されています。

今に始まったことではないけれど、


成績が中位以下の生徒は文章を読む力が極端に弱いと思います。


各教科の一問一答形式の問題レベルならまだなんとかなるのですが、これが長文になればなるほど、聞かれていることがまず理解できないのです。


自己診断テストのように入試問題をベースにした問題は、最終的な質問は簡単なものでも、そこに至るまでのプロセスを説明した文章が長いのが特徴で、そこを理解することができないので、結局最終的な質問までたどり着いていないということがよくあります。


一緒に問題文を読みながら意味を説明していくと簡単に自力で解ける問題でも、残念ながらそれがそんなに簡単な問題だったということに気が付いていないのです。


これはなかなか大変な問題で、要するにいくら知識を詰め込んで知識の引き出しを充実させても、どの引き出しを開けたら良いのかというところがわからないということですから、本当に困ったことです。


日本語の読解力はどの教科の学習でも共通の、本当にベースになる部分です。


が、日本語だからこそ、残念ながら一律で全員に体系的に指導されているわけではありません。


結局、今のところその子の資質や育った環境に大きく左右されている力だと思います。


読解力不足の状態のまま単純に問題を解く知識を詰め込むだけでは限界があります。


テストが返却され、その解き直しや解説をするたびに、生徒たちの読解力の無さを痛感させられるのですが、では具体的にどのように対応していくべきなのかとなると、なかなか最適な答はありません。


まだまだ日々試行錯誤中しなければいけないのです。

平成30年度の漢検の日程です。

第1回 平成30年  6月17日(日)・・・・終了しました。

第2回 平成30年10月14日(日)・・・・終了しました。

第3回 平成31年  2月  3日(日)・・・・受付中です。

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000