【竜操教室 塾長日記】なんでも公式で解決しようと思うのは止めてください。

中学生の放物線。


変化の割合を求めるのに、例の”公式”を教えるの、止めて欲しいんですよね。


”xの増加量分のyの増加量” じゃないやつ。


アレですよ、アレ。


なんか意味あります?


まあ、ちょっとだけ解くのが早くなりますけどね。


あと、中学生の図形。


扇形の面積を求めるのに、弧の長さと半径を使って求めるのも止めて欲しいんですよ。


そんな優先順位の低い公式を覚える前に、理解しないといけないことが山ほどあるじゃないですか。


これから高校生になると、知ってると確かに早く解けるけど、実はほとんど出題されることが無い公式というのが山ほど出てきます。


せっかく暗記しても、実はその公式をそれから一生使わなかったなんてことも必ず起きます。


絶対に必要な公式。


知らなくてもその場で導くことができる公式。


使わなくても別のやり方で対応可能な公式。


などなど。


一口に数学の公式と言っても、その重要性にはレベルがあるのです。


優先順位の低い公式まで全部覚えていたら、ただでさえ少ない脳内の記憶容量を圧迫してしまうじゃないですか。


それに、せっかく公式を覚えていても、ちょっと出題のされ方をひねられただけで使い物にならないような丸暗記では意味がありません。


塾長は、「数学は暗記科目だ!」というのが持論ですけれど、それは単に使えない公式をたくさん覚えろということではないのです。


数学に関して、公式さえ覚えておけばなんとかなる・・・なんてことは絶対にないので。


公式には優先順位があって、テストで点を取るという目的において必要なものもあれば、必要でないもの、意味の無いものもたくさんあるということを理解して欲しいと思います。

平成30年度の漢検の日程です。

第1回 平成30年  6月17日(日)・・・・終了しました。

第2回 平成30年10月14日(日)・・・・受付中終了しました。

第3回 平成31年  2月  3日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000