【竜操教室 塾長日記】答を出すにはそこまでの過程も当然大事なのですが・・・

数学は最後の答も大事ですが、そこに至る過程ももちろん大事です。


答だけを覚えていたとか、ただなんとなく勘で答が出たとか。


それでたまたま正解が出たとしても、それは次につながりません。


だからこそ、記述のテストなどで答だけがあっていてもダメ!(0点)って決めてる先生もいるようです。


普段の授業課題などでも、必ず「途中の過程を記述すること!」みたいな注釈がついていたりして・・・


指導者側としてそうしたくなる気持ちもよくわかるのですが、数学にちょっと後ろ向きな生徒にとっては、これがさらに数学を嫌いにしている要素になっているように感じます。


解くだけでも難しいのにね。


もう、説明を書くのが面倒だから解説含めて全部写しちゃえって。


こうなると、正解を出すという最終目的に行く以前に、正解を出す方法のところで止まっちゃうんですよ。


習ったばかりの単元で、習ったばかりの問題で、いきなり基本の解き方を説明できたら苦労はしません。


正解のある問題で、その正解を導き出すのが数学であるなら、どうやるかは別として、最終的な正解が出てくればまずその点だけでも評価すべきと塾長は思います。


基本を押さえ、手順を押さえるからこそ正解に導かれるというのも正論ですが、解き方は一つではありませんから、基本や手順をすっ飛ばしても正解に至ることだってあるはずです。


そして、その過程を自分ではちゃんと説明できないことも。


そういうときに、せっかく正解が出ているのに、どうしてそうなるのかを説明できないのならダメ!って杓子定規に言われたら、やる気が無くなっちゃいますよ。


どうして正解にたどりついたのか。


そのやり方で間違ってないのか、間違っているとしたらどこが間違っているのか。


本来のやり方はどうなのか。


どっちの解き方の方が解きやすい?


その場で一緒に考えて導いてあげることができれば、少しは前向きになってくれるのでは?と思いますが・・・


まあ、少人数であればこそできるのであって、学校のクラス指導ではとてもそこまでの余裕は無いのです。


かくして、数学嫌いが増えていく。


難しい問題です。

平成30年度の漢検の日程です。

第1回 平成30年  6月17日(日)・・・・終了しました。

第2回 平成30年10月14日(日)・・・・受付中終了しました。

第3回 平成31年  2月  3日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000