【竜操教室 塾長日記】数学ができるようになるには、まず反復から。

英単語の勉強をするとき、どうやります?


日本語を見て、例えば「重要な」という単語を書けと言われて、わからないときですよ。


まず第一に、辞書引きますか?


引かないでしょ。


他人に聞きます?


隣に居たら聞くかもしれませんけど、わざわざ先生に聞きにはいかないはず。


だって、普通は答がありますから。


それを確認して、「important」というつづりを”覚えられるまで”繰り返し書いて覚えるだけじゃないですか?


なぜ「i」のあとが「m」で、「m」のあとが「p」になるんですか? なんてことはどうでも良いことで、まずは覚えることからスタートするはず。


数学だって、基本的な問題についてはまったく同様の勉強法のはずです。


いちいち教科書を調べたり(それはそれで大切ですが)、すぐ先生に聞きに行くのではなくて、解き方を覚えられるまで繰り返し解く方が優先じゃないですか?


面倒だけど、それをやらない限りは定着するはずがありません。


なぜそうやって解くのかは、とりあえず後回しでも良いのです。


英単語の勉強ならそうするはずなのに、数学の勉強だとなぜか別物のようにそうやりません。


だって、同じ問題を繰り返すのは面倒ですからね。


そんな面倒なことをするよりも、毎回「わかりません!」って言っとけばそれで終わってしまうから。


英単語の勉強だったら、「わかりません!」は通用しないということが皆の共通理解になってます。


「わかりません!」じゃなくて、「覚えてません!」ってことだし、要するに「覚える努力をしていません!」ってことでしょ?


数学だって同じなんですよ。


「わかりません!」というのは「答や解き方を覚えてません!」ってことだし、「その答を覚える努力をしていません!」ってことなんですよ。


「わかりません!」って言っておけば、反復して覚えるという作業から解放されると思っている限り、数学なんてできるようになるはずがないのです。

令和元年度の漢検の日程は以下の通りです。

第1回  6月16日(日)・・・・申込受付中です。

第2回 10月20日(日)

第3回  2月16日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000