【竜操教室 塾長日記】毎年毎年同じ話題でザワザワしてません?

新学期になるといつも出てくる話題ですが・・・


昔昔に比べて通学カバンが重すぎます。


原因は、まず教科書そのものが大きく厚くなっているということ。


さらに副教材がたくさんあるということ。


そして極めつけは、それらを学校へ置いて帰る”置き勉”が禁止されていることです。


家庭学習の習慣をつけるためとか、学校の机の中やロッカーをちゃんと管理するためとか、まっとうな理由があることはわかりますが、だからと言って、めちゃくちゃ重いカバンを毎日毎日持たなければいけないというのはどうなんでしょう?


中3になると、主要教科の復習用に厚物と言われる問題集も渡されますし、最近はその問題集専用のノートまであります。


高校生になると、これに英和辞典や漢和辞典、古語辞典なども追加ですよ。


なにせ、いまだに電子辞書は禁止のところが多いですから。


それに部活関連の物だって、相当な量でしょ?


まあ、中3や高校生にもなると、要領の良い生徒は先生の目を盗んで上手に調整してますけどね。


でも、真面目な子は言われた通り、全部持って帰って全部持って行くんですよ。


部活の体力づくりのためか、それとも何かの修行かペナルティーですかって感じで、かわいそうに思います。


先生方は、どのくらい重いカバンを生徒が持ってきているのか、実際に持って歩いていみたことがあるのでしょうか?


何かの記事で、中学生で10㎏前後、高校生だと12㎏ほどにもなることがあるって出てました。


10㎏って言ったら、米ですよ、米袋。


買い物に行って米袋を歩いて持って帰る、しかも毎日ってなったら、想像しただけで嫌になりません?


そう言う塾長も、高校生の授業で簡単に、「次はチャート持ってきてね!」なんて言うことがあるのですが、これがまた分厚いんですよね~。


持ってくる生徒の苦労なんて、その時には全然考えてないですもん。


ちょっと反省したいと思います。


で、学校全体でも生徒のカバンの重さについて一度ちゃんと考えて対策を取っていく必要があるのでは?と思います。


だって、この話題、毎年必ずニュースになりますから。


そろそろ本気で解決しないといけないのではないでしょうか。

平成30年度の漢検の日程です。

第1回 平成30年  6月17日(日)・・・・申込受付を終了しました。

第2回 平成30年10月14日(日)・・・・受付中です。

第3回 平成31年  2月  3日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000