やっぱり国語力でしょう。

もうね、何が大事って、国語力なんですよ。語彙と文法です。小さいころから親しんでいる言葉ですから、会話で苦労することも無いですし、自分の言いたいことも伝えられるし、本も読めるし、テレビを見ていても意味がわかる・・・でも、そこで満足しちゃダメなんです。それって、あくまで日常会話レベルの話ですから。小学生が塾で習う教科といったら、算数、国語でしょう。最近はこれに英語も加わってきていると思いますが、そもそも日本語の何たるかを知らないのに、英語を学ぼうというのが甘いと思うのです。いやいや、日常会話ならいいですよ。日常会話はすでに日本語でできるわけですから、それを英語で学ぶというのは構わないでしょう。でもそれ以上は無理です。母国語を鍛えない限り、外国語をそれ以上に学べるはずが無いからです。とにかく、小学校ではまだ学ぼう!という意欲のあった国語ですが、これが中学校になると一気に脇役になります。塾で授業を取るにしても、数学と英語。受験が近くなったら理科と社会というのが一般的で、国語なんて話にも出てきません。でもですね。社会の教科書でも理科の教科書でも、ちょっと読んでみたら良いと思うのですが、そこに書いてある言葉は日常会話ではありません。漢字も熟語も、普段は使わないような難しい言葉が使われています。語彙が無いと、何が書いてあるかがさっぱりわかりません。知らない熟語でも、漢字の意味を知っていればまだ想像ができますが、漢字を知らないし読めないし書けないのでは、そりゃあ苦しいでしょう。そういう子たちは教科書が読めません。日常会話レベルの言葉で口頭で伝えられればなんとか理解することができるのですが、自分では読み進めることができないのです。国語の教科書だけの話じゃないですよ。社会も理科も、英語だって数学だって同じことです。これをなんとかしなければ・・・と塾長は思います。新聞のコラムを読ませたり書かせたりするのが結構効果的なんですが、何せ漢字が読めないので、辞書で意味を調べるのも一苦労で、なかなか継続できないんですね。漢字の読みぐらいは、近くに居る大人(保護者の方)に聞くのが一番早いのです。聞かれたら、「自分で調べろ!」なんて言わないで、読みぐらいは答えてあげてください。それができないのであればこれ!
読めない漢字もタッチペンで書くことで検索できます。中古ならかなり安いですから、国語力をなんとかと思われるのであれば、ぜひご検討ください。これと、新聞のコラムがあれば、かなり国語力は鍛えられると思いますよ。お勧めです。ランキング参加しております。読み終わりましたら、ぽちっ!とお願いいたします。まったく身勝手なお願いではございますが、ぜひぜひ皆さんのご協力をお願いいたします。↓ぽちっとクリック!
↓こちらへもどうぞ!「岡山人ブログ」岡山の素敵なブログが満載http://okayamajinblog.com/個別学習のセルモ 竜操教室のホームページはこちらhttp://selmo-ryuso.com/

平成30年度の漢検の日程です。

第1回 平成30年  6月17日(日)・・・・申込受付を終了しました。

第2回 平成30年10月14日(日)・・・・受付中です。

第3回 平成31年  2月  3日(日)

竜操教室では、塾内生だけでなく、一般の方も受験していただけます。

お申込みやお問合せはお電話かメールで竜操教室までご連絡ください。

締め切りは各回、実施日の約1か月前となります。

お申込み先 セルモ竜操教室 086-238-4960  selmo-ryuso@thirdplace.co.jp まで

ブログランキング参加しています。ポチっと応援をお願いいたします。

個別学習のセルモ竜操教室

since 2009 (小学生・中学生5教科一貫指導/高校数学) ただ与えられるだけの学習から、自分で考え学ぶ学習へ

0コメント

  • 1000 / 1000